So-net無料ブログ作成
検索選択

包帯替えました。 [みかん]

みかんを捕獲して包帯を替えました。

タオルで捕獲、治療しました。
コタツのある部屋を閉め切れば、できることだと判明しました。

今週中にできて、本当に良かった。
同じ手を使えば次もいけそうです。
効果的な捕獲方法も見つかって、本当に良かったです。

ケアされた足。
IMG_0220.JPG

包帯、とれないように願っています。

これまでの傷口の変化を掲載しました。
グロテスクな画像が苦手な方は、閲覧をご遠慮ください。


みかんを見つけて、間もないころ。
IMG_1222.JPG

10月中旬ぐらいの、足。
IMG_1597.JPG

本日
IMG_0212.JPG
地面に接する面
IMG_0216.JPG

回復していると考えてきましたが、
画像で比較してみると、
特に地面につく部分は回復が遅れ気味ですね。

切ってしまうと、もう取り返しがつかないから
どうしても残してしまう方針にいかせたいのですが、
回復の遅さは、写真が教えてくれているようです。

猫ちゃんが大好きなかたがたは、
猫ちゃんから痛みを取ってあげたくて仕方がないものと思います。

IMG_0221.JPG

年があけてから、
相談する必要が出てくる可能性は、非常に高いでしょう。

みかんの傷の手当てと、それに伴うストレスを懸念されている方々も多いものと思います。
が、避妊手術など必要な処置のつど、みかんの足も診てもらっていますが、
全身に深刻な負担がかかっているなどの警鐘は受けておりません。

みかんへのストレスは心配であると思いますが、
もう少し、この状態が続くものと思います。
私がなかなか思い切れない、というのも気持ちの中にあると思います。

こちらは心配そうにみかんを気遣う、ゆず。
IMG_0222.JPG
みかんの手当てをしていると、
必ず近くに寄り添って、みかんを見守っています。
「みかんをいじめないで~」といった感じに
肉球アタックがきたときもありました。
心配で仕方がないみたいです。
nice!(13)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 7

green_blue_sky

捕獲お疲れ様でした。
みかんちゃん、お大事に。
by green_blue_sky (2012-12-29 21:27) 

ひでぷに

傷の場所が場所だけに、なかなか治りにくい様ですね。
みかんちゃんが大丈夫なら、地道に治していくしかなさそうですね...
ちろるさんも、みかんちゃんも、頑張って!

by ひでぷに (2012-12-29 22:32) 

匿名

猫は我慢強いです辛くても我慢します。痛いと言えません。辛いと言えません。飼い主の判断で明暗が分かれます。写真では進歩が見えません。その内とんでもないこと(壊死)になりますよ。 里親募集をしてあげてください。 この傷は辛い・・・。
by 匿名 (2012-12-30 14:16) 

ちろる

green_blue_skyさん
ありがとうございます。
回復への道はなかなか困難が付きまといますが、
何とかひとつひとつ解決していきたいと思います。


ひでぷにさん
ありがとうございます。
なかなかケアが難しい場所のようです。
とにかくやれるだけやって、
壁にぶつかったら獣医師さんに報告、
相談していくしかないと感じています。
なんとか、良い方向にしていこうと思います。
by ちろる (2012-12-30 21:54) 

ちろる

匿名さん
ありがとうございます。
みかんの痛みとその後を気遣っての発言、
ありがとうございます。
壊死などは絶対にあってはいけないことですね。
そうならないように、対処していきたいと思います。

ところで、
里親募集の件は傷の手当てが完了してから
またブログで取り上げ、対処していこうと考えているので、
現在はこの件には触れておりません。
今、里親募集をするようにおっしゃるのは、
なぜでしょうか?
もしよろしければ教えてください。
by ちろる (2012-12-30 22:00) 

green_blue_sky

治療などに頑張ってください。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
by green_blue_sky (2012-12-31 21:30) 

匿名

口のきけない動物への愛、それは肉体的・精神的な苦しみから解放。それが一番の愛です。
あなたは自分の事だけを世間にアピールしている。
本当に辛い毎日を過ごしている猫の苦しみを理解していない。
命を救っただけが保護に値しない。
痛みと苦しみから解放、平凡な日々を与えてあげることが誠の保護活動ではありませんか!?
自分なら?ご自分ならどうですか?
同じような足で数カ月、、、、、、痛い思いで過ごしてみてください。
自分でできないならキチンと管理をしてくれる里親を探してください。
このブログの読者はなぜ黙っているのか理解できません。
動物愛護に携わる者として到底理解ができない。

by 匿名 (2013-01-01 07:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。